CATEGORY カードローン

CARDLOAN

カードローン

みずほ銀行カードローンの審査基準と基本情報!口コミのまとめ付きで解説!

みずほ銀行カードローンは限度額が最大で800万円まである、ゆとりあるカードローンになっています。そのため、教育ローンやリフォーム費用の立て替えはもちろん、高額な医療費や介護費用などの立て替え、他社カードローンの借り換えにも利用することができます。

三菱東京UFJ銀行カードローンカードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン!バンクイックの審査基準と基本情報!

三菱東京UFJ銀行カードローン 金利 1.8%~14.6% 審査時間 最短30分 収入証明書 200万円まで不要 限度額 500万円 自動契約機 三菱東京UFJ銀行に設置 ATM手数料 三菱東京UFJ銀行 提携コンビニATMなら無料! 口座開設 なし 保証会社 アコム 三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、3大メガバンクのカードローンの中でも、平均的に金利が安く返済期日に余裕があるカードローンとなっています。 銀行カードローンのなかでは、限度額が最大500万円とやや小さめですが、その分、金利と返済額の安さで他の銀行カードローンよりも安定的に利用できるのが大きな特徴です。 また口座開設なしで即日キャッシングもできるので、今すぐお金を借りたい人にもとてもおすすめ。夫に安定的な収入があれば、専業主婦でも借りれるのが魅力の一つです。 ただし、三菱UFJ銀行の中に設置されてあるテレビ窓口でカードを受取る場合、提出書類は運転免許証に限定される点には注意が必要です。 本人確認書類でパスポートや健康保険証などを提出するときは、後日カードを郵送してからのキャッシングになるので注意してください。 カード受け取りに若干の制限があるものの、全体的なスペックを分析すれば、金利と返済額が安くムリなく支払いを続けて行ける安心感の強い銀行カードローンだと言えますよ。 バンクイックの返済金額と返済回数はいくらなのか? バンクイックの金利は年率1.8%~14.6%と、他の銀行カードローンと比べて下限金利が安いのが特徴です。 また、他の銀行カードローンよりも限度額が安いからこそ、限度額が高くなった時の金利の引下げ割合が大きいのが特徴だと言えます。 三井・みずほ・三菱の3銀行の限度額と金利を比較! 上の表をみて分かる通り、三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行の3銀行で限度額と金利を比較すると、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックが一番金利が下がりやすいということが分かるかと思います。 基本的に500万円以上の限度額を借りれる人は、最低でも年収が1000万円以上は必要になってくるので、そういう意味でもバンクイックは一番現実的な銀行カードローンだと言えます。 バンクイックの返済金額の一覧表 次に、バンクイックの最低返済額を一覧表にしてまとめました。 借入残高 返済額 年率8.1%以下 年率8.1%超 10万円以下 1,000円 2,000円 10万円超~20万円以下 2,000円 4,000円 20万円超~30万円以下 3,000円 6,000円 30万円超~40万円以下 4,000円 8,000円 40万円超~50万円以下 5,000円 10,000円 50万円超 借入残高が10万円増すごとに 1000円を追加 2000円を追加…