三菱東京UFJ銀行カードローン!バンクイックの審査基準と基本情報!

三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローン

金利 1.8%~14.6%
審査時間 最短30分
収入証明書 200万円まで不要
限度額 500万円
自動契約機 三菱東京UFJ銀行に設置
ATM手数料 三菱東京UFJ銀行
提携コンビニATMなら無料!
口座開設 なし
保証会社 アコム

三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、3大メガバンクのカードローンの中でも、平均的に金利が安く返済期日に余裕があるカードローンとなっています。

銀行カードローンのなかでは、限度額が最大500万円とやや小さめですが、その分、金利と返済額の安さで他の銀行カードローンよりも安定的に利用できるのが大きな特徴です。

また口座開設なしで即日キャッシングもできるので、今すぐお金を借りたい人にもとてもおすすめ。夫に安定的な収入があれば、専業主婦でも借りれるのが魅力の一つです。

ただし、三菱UFJ銀行の中に設置されてあるテレビ窓口でカードを受取る場合、提出書類は運転免許証に限定される点には注意が必要です。

本人確認書類でパスポートや健康保険証などを提出するときは、後日カードを郵送してからのキャッシングになるので注意してください。

カード受け取りに若干の制限があるものの、全体的なスペックを分析すれば、金利と返済額が安くムリなく支払いを続けて行ける安心感の強い銀行カードローンだと言えますよ。

バンクイックの返済金額と返済回数はいくらなのか?

バンクイックの金利は年率1.8%~14.6%と、他の銀行カードローンと比べて下限金利が安いのが特徴です。

また、他の銀行カードローンよりも限度額が安いからこそ、限度額が高くなった時の金利の引下げ割合が大きいのが特徴だと言えます。

三井・みずほ・三菱の3銀行の限度額と金利を比較!

上の表をみて分かる通り、三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行の3銀行で限度額と金利を比較すると、三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックが一番金利が下がりやすいということが分かるかと思います。

基本的に500万円以上の限度額を借りれる人は、最低でも年収が1000万円以上は必要になってくるので、そういう意味でもバンクイックは一番現実的な銀行カードローンだと言えます。




バンクイックの返済金額の一覧表

次に、バンクイックの最低返済額を一覧表にしてまとめました。

実は各カードローンで比較した場合、最低返済額はバンクイックが断トツで安いんです。

もちろん、最低返済額が安いということは、総支払額が一番高くなりやすいというリスクも持っています。

ですが、毎月の返済を最低限に安く抑えておき、余裕のある時に多めに返済していく方法が、生活や気持ちにゆとりを持たせながらムリなく返済が続けられるコツだと思います。

もちろん、借り過ぎてしまうと毎月の返済が大変になってくるので、あなたが借りたい希望限度額と返済額を考えながら審査を申し込むようにして下さいね。

バンクイックの審査基準は安定した収入があることが大切!

バンクイックの審査基準

  1. 年収…100万円以上
  2. 職業…安定した収入を持っている
  3. 保証会社…アコムの保証を受けられる人

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の審査基準は、年齢が満20歳以上65歳未満の人で、原則安定した収入がある人が審査の対象となります。

この時、配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方もキャッシングできます。(ただし、限度額に制限は受けやすいです)

ポイントは保証会社がアコムになっていると言う点。

もしあなたが過去にアコムの支払いで、長期間の滞納履歴などがあると、バンクイックの審査は厳しいと予想されます。

その場合は、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローンなど他の銀行カードローンを選択するのも一つの方法です。

その他、銀行カードローンの基本的な審査基準に関してはこちらの記事を合わせて読んでおくと便利かと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です