失われた20年 日本の長期景気低迷原因


日本は現在、アベノミクスを通じて、量的緩和、財政支出の拡大、企業競争力強化などを推進しながら失われた20年を逃れようと努力中の状況です。現在日本が経験している長期景気低迷は、プラザ合意以降、作られたバブルの崩壊として知られています。

韓国のLG経済研究院で発表した”日本型低成長に落ちないためには、”報告書を見ると、世界で類を見られない20年以上の長年の低成長は、バブル崩壊のほかにもいろいろな複合的な問題があると診断して、これを主要な原因別、時期別に簡単に説明しています。

日本の長期景気低迷原因

日本の長期景気低迷原因

円高による日本の商品の競争力低下

1980年代当時、米国が財政赤字と貿易赤字の双子の赤字が発生して、米国は、英国、フランス、ドイツ、日本にドル高を是正してくれることを要請しました。

1985年9月22日、ニューヨークプラザホテルで、各国の財務長官らが集まってプラザ合意が行われ、米国はドル安を通じて輸出競争力を高め、双子の赤字に対する負担を減らすことができるようになりました。

しかし、日本はプラザ合意以降、が急速に貨幣価値が上がり、日本企業の輸出競争力は急速に落ちました。それで円高現象で、日本経済の潜在経済成長率自体が低下し、日本の経済成長率の低下が現実化されました。

たとえ、日本は円高にもかかわらず、経常収支の黒字が続いたが、日本人の自国商品に対する選好度と素材ㆍ部品産業の輸出増加によるものであり、労働集約的な商品の共同化現象は拡大になりました。

そして完成品を中心に日本の自国内生産が減少して、内需市場は萎縮し始めた、日本の高成長を主導した自動車、電子業種で世界市場占有率が飽和状態に達しました。

そうして追加拡張の余地が減っているのも、日本の経済成長率が低下されるが、主要原因になりました。




消費心理が萎縮され、構造的な内需の低下発生

この原因により、日本では、終身雇用の概念が次第に消えることになっており、労働市場の柔軟化に向けて整理解雇が導入され、消費萎縮をもたらしました。

代表的な高齢化国家である日本は1995年以降、生産可能人口が下落に転じることになり、社会的にも高齢化現象ともかみ合って、企業の生産性向上の鈍化と競争力低下に多少の影響を与えました。

そうして家計の消費が減少し、経済活力を落とす悪循環が長期化なりました。

日本中央銀行などの政策対応の失敗

1985年のプラザ合意後、日本は、景気低迷に備えて、基準金利を引き下げるなど、積極的な景気浮揚政策を繰り広げました。

その結果、融資金利が引き下げられ、これを活用しようとする需要が増え、1980年代半ば以降、不動産価格が早いスピードで上昇するようになり、建設および不動産企業が増えて、不動産資産の割合も大幅に増えました

1991年以降、バブルが崩壊し、不動産景気が急落し、不動産資産の割合が大きかった家計と企業の破産が本格化し始めました。

融資が増加した銀行が、大規模な不良債権を保有し、銀行、信用金庫、信用協同組合などが破産し始め、企業投資と消費心理が萎縮され、日本の不況は深刻化されて行きました。

また、バブル崩壊を経験したその他の国家の場合、時間が過ぎた後に反発した事例もあるが、日本の場合、状況の深刻性を認識しなくて政策の強度や一貫性が不足して金融機関の不良債権処理を継続して遅延させました。

一時的に景気が好調を示せば、基準金利を引き上げ、二番底を招き、1990年代後半に発生したアジア経済危機で、より大きな打撃を受け、深刻な信用収縮とマイナス成長を誘導しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です